ページ先頭 本文へジャンプ
ホーム > まい・たびっくすブログ

羽鳥建築設計室まい・たびっくす



感覚ミュージアム


十年以上前に出来た建物ですけど、
仙台の北30キロ行った小さな城下町 岩出山に
感覚ミュージアム があります。
新聞の折込パンフに紹介されていて、地元人のくせに知らなかったのは
不覚でした。
コンセプトテーマは 見る 聴く 触れる 嗅ぐなど
人間の五感に訴える仕掛けがあらゆる所に用意されています。
以前書き込みした ネイチァーゲームにもラップする部分があり、
非常に興味深く思えました。
例えば百年後のリビングルームはこんな感じになるかな?
と思わせるような、玉ねぎをくりぬいた様なドーム状の空間とか
片側が柔らかく反対側が硬い素材で出来た通路があって、
そこを通ると平衡感覚がおかしくなる様な空間とかほんと楽しいです。
行った当日は貸切みたいにひとが少なく得した気分でしたが、
地方の片田舎にこんな美術館がどうして出来るのか不思議でした。
都会の仙台には メディアテークがぽつんとあるだけなのに
なぜでしょうね?
仙台人て冒険したがらない土地柄なのかも?
子供さん 特に小学校三四年生ぐらいの子にインパクトあるかも
しれませんよ。
お勧めです。

 

みちのく湖畔公園にて


自然とふれあいながら、こころとからだが開放して行く体験をゲームをとおして楽しもうというのが、ネイチャーゲームです。約60パターンあるゲームから好 きなものを選び1ゲーム20分のわずかなじかんですが、これにはまると小学生時代に戻ったような感覚を覚えます。このゲームは人間に関する英知の結集であ るといっても言いすぎではないです。考えた人は本当にすごい、偉大です。でもむずかしいこと抜きにして、遊んじゃえばいいんです。人間が本来持っている本 能とか感覚とかいったものを目覚めさせてくれる こんな体験てすてきじゃないですか。小さな小連れファミリーがよく参加してくれますが、オネーチャン オ ニーチャン オバーチャン オジーチャンにも是非関心を持ってもらいたいです。参加無料でやっています。詳しくは日本ネイチャーゲーム協会ホームページを 見てください。

 

おしゃれなパン屋さん セ、マニフィック2


 

本当に 小さなお店なんです。しかも目立たない場所に遠慮がちにかまえていて 意識して見ていないと 見過ごしてしまいそうです。オープンして6日経ちま すが子連れの外国人親子やベガルタでプレーしてたらしい人がお見えになりましたと店長が言っていました。外国人親子がおとづれた時はデザインがヨーロッパ 風のお店なのでとても絵になっていたそうです。日本人としてはちょっとしゃくにさわる様な気がしますが、なんとなくイメージがわいてきます。入り口のアプ ローチにパラソルとデッキチェアーがあって、お客さんじゃないけど おじいちゃんと子供がそこでしばらく遊んでいたそうです。なんとほほえましい光景です こと。

 

おしゃれなパン屋さん セ、マニフィック


 

9月20日にオープンしたばかりのベーカリーショップです。仙台の北目町界隈の小さな5階建てビルの1階にお店を構えてます。実は私の知人が意を決して開 業にに踏み込んだお店で 従業員は店長を含め4人でやってます。店の雰囲気は ホワイトを基調にした モダンだけどどこか暖かなデザインでまとめられてま す。このデザインは店長自ら手がけたもので もともと彼は建築エンジニアーであり 私などお呼びじゃなかった訳ですが、彼にはこっちのほうへ進む才能が あったのかも知れません。オープンのときお祝いの花をフラワーアレンジメントして頂いた花屋さんもこのときお店を訪れパンをいくつか買ってゆかれました。 お世辞抜きでおいしいと言ってました。いい材料をつかって自分の釜でやくこれが基本姿勢のお店ですが、焼きたてのAM10:00チョイすぎが食べごろかも しれません。
 場所は青葉区の五橋通り 画材屋青葉画装のほぼ真向かいで、車1台分の駐車スペースがあります。

 

気になるけんちく


最近町並みとか景観がどうとか言うことが盛んに議論されてきてますが、京都や金沢は別として 私たちが住んでる 普通の街で景観に気を配ってる建物などほ とんど見かけませんよね。だってみんな好き勝手に自由に建物を建ててるし、隣が南欧風リゾートのじゅうたくで向かいが重たい瓦を載せた天守閣風和風建築 だったりとか、こんなだから 設計する側も景観に配慮しようがないんです。
 写真は岩手県北上市のさくらホールで設計が久米、高橋共同企業体が手がけられたものですが、面白いのが大きな建物の囲いがあって、その中に小さな囲いが 入れこじょうにはいっていて、小路あり 広場ありでなんか一つの街がパッケージになったような建築なんです。これだと 昔の街が持っていた 街の雰囲気と か界隈(かいわい)が再現されたようで面白いなーと思いました。今後の日本の建築を考える上で参考になった建物です。機会があったら見てください。お勧め します。

 


ページ 37 / 38