ページ先頭 本文へジャンプ
ホーム > 羽鳥建築設計室業務日誌

羽鳥建築設計室業務日誌



住まいるらいふ 5


今回はすこし、お金の掛る話ですが

ワンポイントリフォームでも

おしゃれに、機能的にお部屋が変身します。

リビングにおおきな壁面があるのでしたら

普通はテレビを配置するケースが

多いとおもいます。

そこをテレビだけに占拠させるのは

もったいないです。

 

テレビが置けてしかもディスプレーや収納ができる

この家だけの特注家具をオーダーしてみては如何ですか?

家具の図面があればそれで家具職人に制作してもらうのです

インテリアを落ち着かせる色や

気分が高揚するような色など

各自にあわせて好みの色ももちろん選べます。

 

インテリアショップなどの

カップボードやAVボードなどの既製品と同等か

それ以下の価格で十分実現可能になります。

(ただし、素材を選択する必要もありです)

 

住まいるらいふ 4


自分でも出来る部屋のリニューアルで

壁に掲げるポスターについてですが

好きなアーティストのカレンダーなどを

カッターで切り取って

フレームをホームセンターで購入して

フレームに付いた紐をフックにひっかければ

お金が掛らず結構いい感じになります。

 

アートにすこしこだわりのある方なら

美術館の作品関連販売コーナーなどで

お目当てのアーティストの

リトグラフやポスターを購入して

フレームに組めば

「自分だけの・・・」とうい感じにもなります。

 

私の場合

東京に行ったとき

渋谷の東急ハンズですきなポスーターを

フレームと一緒に購入して

自宅へ直接郵送してもらいます。

 

モダンでポップなイメージなら

モンドリアンやカンディンスキーなどの

現代絵画もお勧めですし

 

女性なら

ミュンシャ、パウル・クレー、デビッフェなども

お勧めです。

 

住まいるらいふ 3


家の中の いるものと いらないもの

あらかた整理が付いたら

段ボールに振り分けて

そこで 普段動かさないおおきな家具を

おもいきって動かしてみます。

机、テーブル、いすの向き、ベット、TV

こうなると一日掛りは覚悟してください。

ふっと湧いたイメージにしたがって

なんとなくここちよさそう!

この感覚をたいせつにしてください。

おなじ部屋なのに 

全く別の空間にいるように

新鮮な気分になってきます。

おおきく空いた壁には

額縁かフレームに入った

ちょっとおしゃれなポスターなど

掛けてみるのもいいでしょう

照明もシーリングライトから ペンダントへ

変えるだけで雰囲気もかわります。

まずは、自分のへやだけでもいいですから

TRY してみてください!

 

住まいるらいふ 2


リフォームを業者に依頼する前に

自分の身の回りをよくみてみて下さい

そして、これはよく使うもの

あれは、めったにつかわないもの

物と向かい合っていると

その区別がよく付きます。

ある程度目星がついたら

ホームセンターで手頃な段ボール箱を

まとめて購入し

必要なもの、不要なものを

振り分けてみましょう

70%ぐらいは、不要なものばかりです。

家具や書籍、衣類、食器など

考える以上に出てくるはずです。

仏教用語に壇舎利(だんしゃり)という言葉もありますが

これが壇舎利です。

そうしたら、おもいきって ゴミ処分場へ出しましょう。

こころが軽くなり、気分がスッキリしてきます。

リフォームを考えるのはそれからでいいんです。

 

住まいるらいふ


近年、国内の住宅で空家となっている件数が

800万戸ほどあるという調査報告もあがってきてます。

今の建設産業は 住宅不足だった

高度経済成長期の発想をひきずって

いまだに壊しては建てる

「スクラップ&ビルド」方式で動いています。

せっかく建てたものなのに

もったいない気がしませんか?

痛んだ所を補修して

意匠、デザインでリファインすれば

新築を建てるコストの

50%~75%で夢のような空間が

実現できるのです。

新築には新築でしか表現できない世界もあるのですが

普通に今よりちょっと素敵に!

なんていう考えでしたら

リフォーム、リファインで十分

ブログ更新しばらくおやすみでしたが

リフォーム、リファイン中心に

連載で掲載して参りたいとおもいます。

 

 


ページ 6 / 23