ページ先頭 本文へジャンプ
ホーム > 羽鳥建築設計室業務日誌

羽鳥建築設計室業務日誌



店舗計画実施完了 3


オーナーであるテナント7社の方たちは

地元鮎川浜の住人(一部石巻市の方もいます)で

お互い顔の見知ったご親戚の様な関係で繋がっていました

ただ、建築工事ではそれぞれに地元の知っている業者と関係もあり

そのくくりで見ますと3つ位のグループに分かれました

設計事務所1社で仮に3グループの工事業者を束ねて監理するのは

強くテナントさんたちに申してて はっきりと「管理は無理です!」と

釘をさしたのが 今思えば 大変正解でした

当事務所で斡旋する工事業者に「見積を取らせてください」と

粘り、以前付き合いのあった内装工事の専門業者に打診して

第1回目の見積作成に取り掛かりました。

つづく 

 

店舗計画実施完了 2


宮城県牡鹿半島の先端のクジラの港町鮎川浜の

観光物産施設に入る7店舗の内装工事の設計監理ですが

仙台から片道120km 時間にして車で約2時間

本当に通うのに大変な場所で

店舗に入るテナントさんたちも皆個人レベルの営業者さんたちでした

知人の先生に紹介して頂いたものの

わたしのことなど皆知らない方たちで

名刺交換の時も名刺をくれなかったり

疑心暗鬼でこの人信用できるの?

と言った大変ブロックの堅いテナントさんたちでした

つづく 

 

 

店舗計画実施完了1


ずいぶんと空白の時間を取りました

本当に体調が悪く 現場に行く以外はほとんど

寝ておりました。

工事が2021年 令和元年10月無事完了しました

もっぱら住宅を専門に進めてまいりましたので

店舗 飲食店舗や物販店舗など他業種

計7店舗の同時進行を片道120Kmほどの遠隔地での

設計監理でしたからとても大変な工事監理となりました

詳細は後程詳しくお話します。 

 

 

 

勉強してなんになる


子供の頃から勉強が苦手で

決められた事を決められた期間内に

無理やり頭に詰め込む という事が

非常に苦手でして

勉強する前に どんな理由があつて

これを覚えなければばらないのか

高校辺りまで 全く理解不能の状態でした

学校の先生に言わせれば

良い成績を取って いい学校に入って

良い給料をもらえる会社に入れば

結婚してからも いい生活が送れる

全く 至極 当たり前の考え方なんですね

これが自分には恵心がゆかなかった

食うに困らない生活環境から

競争に勝って 人よりいい生活をおくる など

考えなくとも分かりそうな事なのですが

親も安定したサラリーマンで

よそ様からみれば とても恵まれた環境でしたので

結果的に 世間知らずのまま成長してきたのかな と

猛省している次第でございます

中学生の頃 大学まで進めと言われて

「何のために 大学進学するの?」と

両親に尋ねたら

「お前の 好きな勉強を するためだ!」

と言われ これなら 進学してもいいかな なんで

納得していました。

物を作りたいという気持ちから

建築へ進みたい という方向が 形造られたのですが

高校までは 生物 化学 物理学 古文 ・・・・

普通かに入りましたので 満遍なく授業を受けてきました

消化不良のままなんとか大学へ進み

今現在に至っております

今だから言えることですが

現在この年で 満遍なく 猛勉強中です

それらを勉強しなけらばならない理由が

今は良く理解できています。

普通の道を進まれた方とは随分それたルートを

進んできたのかな?と思ってます。 

 

店舗計画スタート4


6店舗の工事金額が約1年掛かって

出て参りました。

仙台から車で2時間半の場所

石巻が仙台単価の10%割り増し

牡鹿半島は石巻のさらに10%割りましですから

工事価格はかなり上がります

テナントさんたちは

あんまりこうゆう事情を把握されておらず

1年前の概算価格では大変驚いておりました

あーでもない こーでもないの

キャッチボールを繰り返してゆきながら

どうにかここまでたどり着いた訳であります

施主と業者と設計者の3者がすべて

納得のゆく形に持って行かないと

いいものは出来ませんから。 

 


ページ 3 / 26