ページ先頭 本文へジャンプ
ホーム > 羽鳥建築設計室業務日誌

羽鳥建築設計室業務日誌



しんねんどすたーと


現場引渡しが完了して
半月ほどバッテリー切れの状態でした
疲れがたまっていたんでしょうね
ブログも休止してました
その間 近くに温泉があるので
日帰り入浴でからだをやすめたり
隣県の美術館にいったりして
次の仕事のためのモチベーションを高める
準備をしてきたつもりです
住まいに関する新しい情報が入りましたら
お知らせしてゆくつもりです
どうぞ御ひいきに。

 

建築のはなし 1


建築日記は夏休みします
TVで観たのですが スペイングラナダにある
イスラムのアルハンブラ宮殿が映っていたのですが
ナレーターの解説によると
イスラムの教えには 立派なたたずまいは隣人の嫉妬(しっと)を買うので
地味につつましい建物をこしらえなさいという教えがあるそうです
でもアルハンブラ宮殿は地味な外観とは打って変わって
中は地上の楽園と見まごうばかりの豪華さなのです
イスラムでは偶像を禁止し抽象的な幾何学模様を装飾を施した
建物が多いのですが これほど華美な装飾は
偶像を崇拝し贅をつくした装飾建築となんら変わりはないと思うのですが
どうでしょう。どの宗教でも真の教えにそったものとそうでないものが
あるように思うのですが 皆さんはどうお考えですか。
 

建築日記


4月から 住宅設計がスタートしました
工事も含めると10ヶ月程になりそうです
施主の方とは基本構想計画の段階で話し合いを始めました
築20年程の建売住宅に住まわれていたのですが
北風のあたる斜面にあり冬は寒く結露が大変な状態でした
施主さんはランニングコストのかからない高気密工断熱高耐震住宅を
望んでおられます
これから10ヶ月は建築日記を書き続けますね。

 

建築家という仕事 7


おかねを沢山儲けるためには
じかんをかけず 安く仕入れて 高く 大量に売る
非常に簡単な図式ですが
ここを正しく理解されてない方が多くいらっしゃいます
わが社は なになに年度 何棟の実績がありますとうたわれると
みんなに支持されてるから これは間違いない商品だと思うわけです
でもじっくり考えてみてください
手間と時間をかけてじっくりと取り組む仕事は
本来儲けたい側からみれば割に合わない仕事なんです
今建築家が注目されだして来てる背景には
この様な図式に消費者が気づきだしてきたからだと思うんです
一生涯に一度あるかないかの買い物です
くれぐれも衝動買いはつつしみ下さいませ 
あなたとあなたの家族のためですから。

 

建築家という仕事 6


先月 仙台メディアテークで学生の卒業設計日本一の
コンクールが開催されました
各大学を代表する作品だけあって力作ぞろいで
非常に独創的で今後の建築界の行く末を案じさせるような
すばらしい作品も結構ありました
でも最近の学生は最先端の流行の形に非常に敏感で
先端をはしる建築家の理論の美味しい所だけをとってゆくような
傾向もみられます
真に評価される建築家はその形に行き着くまで
トライアンドエラー を繰り返し ひとつひとつ積み重ねながら
やっとたどり着いた成果を世間に公表している訳で
漠然としたイメージや思いつきでそうしてるのでは
けっしてありません
よく建築家に仕事をたのむと自己満足の作品を押し付けられる
なんてことをよく耳にしますが
良識ある建築家は施主の意向や背景をそしゃくして
施主にとって最良と思われる唯一解を引き出すのが仕事です
その結果一般に普及している住宅メーカーが提示するようなイメージから
大きくかけ離れることが往々にしてあるんです
そこのところご理解頂きたいと思います。

 


ページ 21 / 23